ゆうゆと猫2匹の 気ままな気まぐれ日常
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

♪心♪ 旅するネコにトラバ

もう昨年のことなのですが☆hanaちゃんのブログに旅するネコが紹介されていました。
なぜ今頃なのですが、どうしても忘れることができません。
野良猫ちゃんの友情物語ですが、人間が命を奪ってしまうのです。
世の中には野良猫ちゃんの為に自分の時間をつかい
暖かく優しく手をさしのべてる方もたくさんいます。
幸せに導くのも人間であれば、簡単に捨てたり虐待したり
不幸に導くのも人間なんです。
せつなくてやりきれない思いです。
私といえば何もできなくて一番良くない人間かもしれません。
でも子供達に『命の大切さ』を教えることが
自分の子供が友達に、将来できる子供にと伝えていければほんの少しでも救いです。

もう10年も前のことになりますが、私はその場にいなかったのですが、
小1だった息子が公園で遊んでいるときに
花壇の花を踏みたおしたりちぎったりしてる3~4歳の子供に注意したところ
その子が泣きだしてしまいそのお母さんにすごく怒られたことがあります。
お母さんは、私の息子に名前とどこの小学校なのか聞いたそうで息子は正直に答えました。
するときっちり学校に連絡したようで、息子は次の日に呼び出されました。
私のところには学校から電話がありました。
『話を聞く限りでは、息子さんは全く悪くないですが、あちらのお母さんはかなり怒っておられますので、一応あちらのお家に伺いお話してきますが、お母さんからはあやまることもないですし、息子さんをしかる必要もないです。
息子さんもかなりショックをうけていますので、 間違った事をしていないのだから褒めてあげて下さい。心のケアーをしてあげて下さい。』
となかなか素敵な応対をしてもらいました。
結局、自分より小さな子に注意するのはどうなんだろう、みたいな感じで
相手のお母さんは気持ちがおさまらなかったようで
うちの息子にも十分注意をしておきます。ということでおさまったようです。
野良猫を保護したりこんなことを書くと息子は、立派なように思うかもしれませんが、
はっきりいいまして、かなりデキの悪い息子です。
交友関係も見た感じは、しりごみしたくなるようなお友達ばかりです。
が、意外とみんな優しい子だったりします。
外見だけで判断してはいけないですね。

『命の大切さ』から救える『命』もあると思います。
[PR]
by miruru0709 | 2006-02-11 14:54 | そのほか